JA51/71 JA11/12/22 ジムニー歴代モデル

JA51(昭和59年~62年)
JA51はジムニー最大である1300ccエンジンを搭載します。あらゆる面で高い性能を更に発揮することを目的に開発されたようです。このAJ51は乗用ワゴン車も登場して更にユーザー層を広げることになります。

JA71(昭和61~平成2年)



JA71V改 迷彩カラー 5MT シャックル公認

年式:1987年(昭和62年)
走行距離:不明
修復歴:なし
色:グリーンブラウンオレンジ



JA11(平成2年~7年)
軽自動車の規格が変わり、JA11で搭載されるエンジンが550ccから660ccに変更されます。

JA12(平成7年~10年)
JA12ではこれまで採用されてきたリーフスプリングからコイルスプリング式サスペンションに変更されました。走行や操縦が変化し向上しました。

JA22(平成7年~10年)
JA22ではエンジンの高回転が良く伸び、3リジット式コイルスプリングサスペンションにより路面の追従性やコーナーリングの限界も高くなり、総体的に走行性能が向上したと言われています。
トータルバランスを追求し始めたJB23が開発される直前の古き良き時代のジムニーファンを魅了する最後の車なのかもしれません。




Advertisement

© HOPESTAR.INFO